前へ
次へ

カタログギフトはデメリットも知って注文する

冠婚葬祭などで引き出物として選ばれやすいカタログギフトですが、メリットとデメリットがあります。特徴を理解し、メリットとデメリットについても判断したうえで申し込みましょう。第一のポイントとしては、多くの人が好むものを提供できることです。人の好みは千差万別であるため、主催者側が良いと思ったものでも相手側に迷惑となる可能性はあります。その点、カタログギフトであればほしいものを欲しい人に提供できるため、いつでもニーズがあるときに提供できるのが最大のメリットといえるでしょう。また、冠婚葬祭で重いものを持ち帰ることは、年齢によっては苦痛に感じます。特に高齢者に対してや、力のない女性に対してはあまり良いことではありません。カタログギフトであれば重さを感じず、片手で持ち帰ることが可能です。さらに、ほしいものを予算に応じて手に入れられるため、ニーズが高いといわれています。ほしいときに欲しいものを提供することで、相手に失礼にならないこと、来てくれた相手に感謝や思いやりを伝えられるでしょう。

カタログギフトは便利な反面、デメリットも多く存在しています。デメリットの中には贈る側には予想もつかないこともあるため、事前にある程度理解し、贈られる側がデメリットを避けることができるように配慮してください。最も大きなポイントとしては、カタログギフトには有効期限があることです。早ければ数か月、遅くても1年以内には注文しなければ、商品を届けることができません。人によっては届けることを忘れてしまい、せっかくのカタログギフトを台無しにしてしまうこともあります。対策として、注文できる期限についてあらかじめ伝えておくことや、カタログギフトの注文方法がわからない人のために、わかりやすく説明した書類をつけておくといいでしょう。なお、カタログギフトの種類によっては通常の引き出物を提供するよりも高値となってしまうことがあります。ある程度予算に幅を持たせて依頼することが、負担とならないようにカタログギフトを使うポイントといえるでしょう。

Page Top