前へ
次へ

結婚祝いで贈るカタログギフトを選ぼう

友人が遠方に住んでいる場合で結婚祝いを贈る場合、ご祝儀として現金を贈るのもよいですが、それだけでは味気ないと感じているのであれば、カタログギフトを選択してみるとよいでしょう。新生活にあったらよいものなどをカタログギフトで選ぶことができるのであれば、きっと喜んでもらえます。実際に品物を選んで贈るという選択肢もありますが、その場合には相手の趣味を理解しておく必要があります。また不要なものを受け取ってしまうと困ってしまうので、相手のことも考える必要があります。友人と言っても新郎か新婦のどちらかになることが多いので、パートナーとなった人の趣味まで理解をすることは難しいでしょう。カタログギフトであれば、2人で選ぶことが出来るので選ぶ楽しみも得ることができます。結婚祝い専用のカタログギフトであれば、お祝いにふさわしいものをたくさん扱っているので、安心をして贈ることができるようになっています。

もしも共通の友人がいた場合、友人同士でお金を出して高額なカタログギフトを購入するというのもよいでしょう。結婚祝いなので出来るだけよいものを贈りたいと考えることもあります。少額であれば、カタログギフトもそんなに種類がないということもあるので、まとまったお金で1冊のカタログギフトを贈るほうがよいのかもしれません。結婚祝い専用のカタログギフトも価格の幅が広いので、色々な種類の中から選択をすることができます。最近では近親者のみを呼んで結婚式を挙げるカップルも増えてきています。友人は呼ばないというスタイルも増加をしています。後から結婚をしたことを知った、という場合には友人一同という形で結婚祝いを贈るということも増えてきているようです。個別に何かを贈るとお祝いの返礼品選びも大変になってしまうので、まとめて贈ったほうが相手の手間も大幅に削減をすることができます。細かいものよりも大きなものを贈ったほうが良い場合もあります。

Page Top