前へ
次へ

法人が選ぶことがあるカタログギフト

カタログギフトというと個人で発注をするというイメージがありますが、必ずしも個人が発注をするだけではありません。法人でもカタログギフトを利用することがあります。法人が依頼をする場合、創立記念パーティーなどの場合が考えられます。ゲストに対してカタログギフトを配って、ギフトを選んでもらうということになります。法人の場合には用意をしなければいけないカタログギフトの数もかなり増えてくるということがあるので、大量発注を行っても対応をすることができる業者をチェックしておくとよいでしょう。法人向けのカタログギフトを扱っている専門業者もあるので、どれくらいの価格のものをどの程度用意するべきなのか、早めに相談をしておくと良いです。法人向けのカタログギフトであればノベルティーグッズを選ぶことができるなど、場合によってはカタログの内容を変更することも可能となっています。企業独自のアイテムをカタログギフトにするということも出来るのでやってみるのもよいでしょう。

法人向けのカタログギフトの場合、大量に必要ということがあるので、送料は無料となっている場合もあります。しかし中には遠方からカタログギフトを取り寄せたいという場合もあるでしょう。その時には送料がかかってくることも考えることができます。例えば、本州にある企業が沖縄や北海道のグルメのカタログギフトを贈ることを検討している場合、カタログを発送してもらうだけでもコストはかかってしまいます。どれくらいの送料がかかるのか、実際に発注をする前に確認をしておくとよいでしょう。見積もりを出してもらった上で検討をするべきです。また法人の場合、誰がどういう品物をセレクトしたのか、ウェブサイト上でチェックできるサービスもあります。商品のチェックまでは不要でも誰が注文済になっているのか、ということを確認することができるオプションもあるので、利用をしてみるとより安心することが出来るでしょう。

Page Top