前へ
次へ

贈り物の新しい形として注目されるカタログギフト

カタログギフトは贈った相手に品物を決めてもらうのが特徴です。従来の贈り物は贈る側が品物を決めていましたが、貰った相手が必ずしも満足するとは限らない欠点がありました。特に季節の挨拶のように多くの人と贈り物のやりとりをする場合、同じ品物をいくつも貰ってしまうケースも少なくありません。また、貰った側の好みではない品物を贈ってしまうこともあるため、知らないうちに無礼を働いてしまう可能性もありました。その点、カタログギフトは貰った側が品物を指定できるので、好みではない物を誤って贈ってしまう心配がありません。そのため、相手に失礼な行いをせずに済むメリットがあります。また、カタログギフトは生鮮食品の鮮度も保てるのが特徴です。贈る側が生鮮食品を選んでも、貰う側が不在の時が続くと受け取ってもらえず、鮮度が落ちてしまいます。しかしカタログギフトなら貰う側の任意のタイミングで注文するので鮮度に対する責任を負う必要がありません。そのため、日持ちがしない品物も贈り物の選択肢に含めることが可能です。カタログギフトならではのメリットとして、金額以上の価値を感じさせるのが容易な点が挙げられます。カタログギフトで扱う品物の多くは一般の店舗では扱っていない限定品です。市販品を詰め合わせたギフトセットよりも高い希少性を持たせることができるので、実際の金額以上の高級感を持たせることができます。相手に感謝される贈り物ならカタログギフトが最適と言っても過言ではありません。

カタログギフトは金額別に選択できる品物に違いがあります。一般的に高額になるほど扱う品物も高級品になりますが、単純に高額だから質が良いとは限りません。安価なカタログギフトだけで扱っている品物もあるので、あくまでも貰う側の好みを優先して贈るのが社会人としてのマナーになります。また、カタログギフトによっては有効期限が設けられているので、購入後は速やかに贈るように心がけます。

Page Top